水族館で癒される…【ロハスな毎日@エコ】

こんにちは!ロハスな毎日♪@エコです☆

誰でも、これをしたら落ち着くな〜っていうのあると思うんですよね。
@エコの場合は、水。

仕事でイライラしたことあったりすると、ちょいとお化粧室に失礼しています。
水道の水をジャージャー出して、手を冷やします。
すると、気持ちがす〜っとしてくるんですよね。

海とか、湖とか、水族館とか大好きです。

@エコが癒される、元気になれる場所のひとつとして、
しながわ水族館をおすすめしますよ♪
しながわ水族館のトンネル水槽が好きです♪

夏休み、雨が降ってしまってもがっかりしないで下さいね!
雨の日も楽しめる、水族館に行こう♪



ランキングへのご協力もお願いします!




佐伯チズ

佐伯チズ、この方の名前をご存知でしょうか?
女性ならきっと、一度は耳にしたことあるだろうし、
もしかしたら本を買った人もいるのではないかな?
@エコも一冊持ってますよ〜
佐伯チズ著 アバウト白浜絵『美肌の花道』を買ったんです♪
最近、ローションパックを実践しています!

佐伯チズ先生をご存知なかった方もいらっしゃると思うのですが、
今女性に大人気の「チズ美容」を教えてくださる方なんですよ!
↓この方です↓


本を読んでもらえばわかるのですが、
佐伯チズ先生はロハスな方なんですよ〜
ディオールのスーツも着るけれども、着物の端切れを縫い合わせたワンピースを作る、みたいな。
”チズ流でものを生かす”を実践していらっしゃる方なんですよ。
以前記事にした水舟の考え方と一緒なんですけれども、
モノには何でも力があり、命があると考えて、
パジャマの袖を切って、靴袋として使ってみたり、
シャワーキャップ7段活用など。

佐伯チズ先生が多くの女性に支持されている理由として、
お金をかけずに手間かける。
笑顔から肌も心も美しくなろうというメッセージが伝わるからだと思います。
佐伯チズ先生の人生に対する前向きな姿勢、何事も楽しむことを
@エコも取り入れたいと思います!


おもしろかったこと:
@エコが買った『美肌の花道』の中に、チズのダメ出しというコーナーがあって、
「おっちゃんに一言」が書いてあるんですよ。
ま〜どんなおっちゃんがダメかっていうのは、人それぞれだと思うので、
ここでは伏せるとして(笑)、男性の中にも自分のルックスに磨きをかけたいと思う方もいらっしゃるんですね〜!
本を読んで、軽いおどろきがありました。
若い男性じゃなくって、40代50代の男性が、
妻には聞けないし、娘にはバカにされるし、OLにはうざがられるし、
でもどうしたらいいのかなんて、
日経にも文芸春秋にも書いてないしって…。

男性にもローションパックは有効なので、
興味のある方は、
佐伯チズ先生の本
を購入することをおすすめします♪



ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!




冷房だけじゃない、夏を涼しく過ごす方法「打ち水大作戦」

こんにちは〜@エコです♪
蝉がないてます、夏真っ盛りですね〜

ニューヨークでは、44度でしたっけ?
すごいことになってます…。

ヒートアイランド化が進む都市の温度を下げようという試みが
打ち水大作戦」、今年もやるのかな?

以下、環境Gooより引用----------------------------------------------

打ち水について

クーラーもなかった江戸時代、夏の暑さをしのぐために、庭や道路に水をまく「打ち水」が盛んに行われていた。まいた水が蒸発するときに、地表面の熱を奪うため周囲の気温が下がるのだ。また、道路などの埃を抑える効果もある。

この古くからの日本の暮らしの知恵を市民がみんなで復活させ、ヒートアイランド化が進む都市の温度を下げようという試みが「打ち水大作戦」。NPO第3回世界水フォーラム事務局が音頭をとり、国土交通省、環境省、東京都などが後援して、2003年8月25日に第1回の「大江戸打ち水大作戦」が東京都江東区、墨田区、中央区、新宿区内の4カ所で行われた。「江戸の知恵に学べ」を旗印に、NPOを中心に「みんなの手で東京の気温を2℃下げよう」と、ホームページ、ラジオ、テレビなどで広報活動を行い、100万人の参加者を目標に呼びかけたところ、事務局の推定で東京23区内で約34万人が参加した。

2004年の「打ち水大作戦」は8月18日〜25日の間、全国各地で行われ、事務局の発表によると、全国で約329万人〜873万人(都内23区で約32〜87万人)が参加した。打ち水による気温低下の効果としては、2004年度は、墨田区東向島では1.8℃、事務局が計測した各イベント会場の平均は0.9℃下がったという。2005年には、7月20日〜8月31日の間に全国各地で開催。事務局発表で、全国で推定770万人(都内23区で約71〜134万人)が参加した。また、インターネット調査の結果、打ち水大作戦の認知度は51.4%と半数を超えた。

では、打ち水をすることによって都市全体ではどんな効果があるのだろうか? ある試算によると、23 区内の約40 %の約265平方キロメートルで打ち水を行うとしてシミュレーションすると、打ち水後の気温低下量は2 〜2.5 ℃程度になるという(水工学論文集第48巻「打ち水の効果に関する社会実験と数値計算を用いた検証」2004 年2 月)。ただし、気象条件や土地利用状況などさまざまなため一概には言えない。

2003年から始まった「打ち水大作戦」は、真夏の気温を下げるという効果の他に、気軽に楽しく参加できることで、環境問題に対する意識啓発、ライフスタイル、伝統文化の見直しの機会となったり、コミュニティーがいっしょになって取り組むことで、地域から環境活動を広げていくきっかけづくりにもなっており。持続的なムーブメントとして定着することが期待される。


打ち水の方法
どんなふうに水をまくのがいいのだろうか。

まず、水を入れるバケツ、洗面器などの容器を準備。お風呂の残り湯、エアコンの室外機にたまった水、雨水などを利用する。水道水はまかない。ひしゃくでまくのがベターだが、手でばしゃばしゃまいてもよい。道路だけでなく、屋上や壁などにまいても効果がある。注意事項としては、通行人の迷惑にならないようにする。車の通行量の多い場所は安全のためにまかないようにする。とくに、マンホールの上、急なカーブの道路などは、自転車や車が滑りやすくなるので、打ち水をしないこと。

ここまで-------------------------------------------------------------

今年の夏は、打ち水しませんか?



人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!




ロハスな毎日@エコ トップページへ




水舟って知ってる?

こんにちは〜@エコです♪
@エコは読売新聞を購読しているのですが、読売新聞の広告のページで『水舟』という、水の使い分けシステムを知りました。
今日は水舟について。

水舟とは、岐阜県郡上八幡(ぐんじょうはちまん)で400年前に生まれた水の使い分けシステムのこと。

--------------------------------------------------------------------
郡上八幡で水を生かす知恵が発達した背景として、
郡上八幡が日本のほぼ真ん中に位置する山に囲まれた雨の多い地域であり、
山に降った雨は、石灰岩を含んだ土にしみこんでたくわえられ、ミネラル分の豊富な冷たい水が、犬啼谷(いんなきだに)をはじめ、町のあちこちにわき出している水の町であること。
また、江戸時代に郡上八幡の藩主だった遠藤常友が、この町が大火事になったのをきっかけに、用水を開き、水路を町中にはりめぐらせたので、その用水を使って、生活と水が密接に結びついた暮らしが出来上がったためであろう。

水舟の仕組みは、山の湧き水を水舟までひく。
水舟
は、上段・中段・下段と分かれており、
上段は飲み水に、中段では野菜や果物を洗ったり、冷やしたり、下段(最後)は食器洗いに。下段から出た水は、一度池に入れ、鯉などが食べ物の残りを食べる。水をきれいにして用水路にもどす。水をむだにせず、使い分ける知恵が生きた仕組みとなっている。

30年ぐらい前までは、水舟のある家も多かったけれど、建て替えられたりしてなくなって、観光用の水舟のほかは、今でも使っている家は数十軒ぐらいとか。
しかし、大事に水を使うという考えは、この町に暮らす人々の心に自然と根づいてるようす。
町のあちこちには、水を守ろうと呼びかける標語がある。

ここまで、以下を参考にしました。
・大和ハウスグループの読売新聞広告
・エコロジーのGOGO新聞

-------------------------------------------------------------------

水舟』のある暮らしというのは、まさにロハスのお手本といえるのではないかな!?
身近な話しでは、お風呂の残り湯を洗濯や掃除に使ったり…。
水の使い分け・使いまわしっていうのは、けっこう節水になるらしい。


<<< 東京都水道局のHPより、気になるデータを抜粋しました >>>
1リットルあたりの単価を0.24円とした場合の3人家族で1か月あたりの節約金額です(下水道料金及び消費税を含む)。
※1か月を30日として計算しています。


●歯をみがく時に30秒間流しっぱなしにすると約6リットルの水を使います。
 これをコップにくんでみがくと3杯(約0.6リットル)程度の水ですみ、約5リットルの節水になります。

★節約金額・・・朝と晩に歯をみがいた場合で約220円/月


●車を1台洗うのに、ホースからの流し洗いでは約240リットルの水を使います。
 これをバケツにくんで洗えば約30リットルですみ、約210リットルの節水になります。

★節約金額・・・月に2回洗車した場合で約100円/月


●残り湯は、使用状態によって異なりますが、一般家庭では、約180リットルの量があります。
 この半分を洗濯、掃除、散水などに利用すれば約90リットルの節水になります。

★節約金額・・・毎日行った場合で約650円/月


節水は節約にもなる。環境にもお財布にもやさしいね!




人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆






砂糖が高くなる?バイオエタノール

朝、特ダネという小倉さんのやっている番組を見ていた。
原油高騰で砂糖が高くなり、和菓子屋さんも値上げしたいが、急な値上げはできず困っている…といったような出だしでこの話題は始まった。

石油と砂糖の関係、ぴんとこなかったけど…。
原油高騰や温暖化の対策として、サトウキビなどから作る「バイオエタノール」の製造、利用が世界的に広がっている、というあれだ。

ブラジルなんかでは、バイオエタノールを使っていない車はだめなんだってね。オイルショックを契機にエネルギー政策を転換して、国が全てのガソリンスタンドにバイオエタノール燃料の販売を義務づけたんだって。

日本でも取り組みが行われている。
以下、環境省のホームページより抜粋-----------------------------------
平成17年10月4日
沖縄県宮古島におけるバイオエタノール混合ガソリン(E3)実車走行試験の開始及びサトウキビ由来バイオエタノール生産設備の起工について
環境省は、沖縄県宮古島において、10月7日から、バイオエタノール混合ガソリン(E3)の実車走行試験を開始するとともに、サトウキビ糖蜜からバイオエタノールを生産する設備の建設に着手します(事業実施者:株式会社りゅうせき)。
 この事業は、現在は飼料程度にしか利用されていない沖縄産サトウキビの糖蜜を原料に、燃料用バイオエタノールを高効率で生産する技術を開発し、実証プラントにおいてエタノールを生産するとともに、エタノールを3%混合したガソリン(E3)を製造し、それを用いた実車走行試験を行うものです。
 実車走行試験は、沖縄県宮古支庁及び宮古島市の公用車50台を用いて開始し、徐々に対象車両を拡大していく計画です。当面は島外から調達したバイオエタノールを使用しますが、糖蜜からエタノールを生産する設備の建設及び試運転が完了する今年度末以降は、沖縄産糖蜜から生産されたエタノールを用いてE3を製造し、実車走行試験に用いる予定です。

ここまで------------------------------------------------------------

特ダネでも宮古島のバイオエタノール製造所を取材していましたよ。
バイオエタノールはお酒と同じような作り方をするので、
エタノールを3%混合したガソリン(E3)で走るバイクの排気ガスは、
アルコールの臭いがするそうです。

代替燃料として、バイオエタノールが最良なのか?という問題はここではおいておき、原油高騰で、エタノール消費の伸び、砂糖価格の高騰につながっているわけです。あんこちゃんな@エコとしては、和菓子の値上がりはいたいのですが…。
そんなのん気なことも言ってられない世の中なのかな。

20世紀の終わりごろから繰り返し言われていた「原油の値段が上がって『代替エネルギーの方が割安』にならないと研究は進まない」という状態が、まさいく今なのでしょうか…?




人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。