アロマセラピー

アロマはロハスか?

アロマで心身をリラックスさせる…ロハスな匂いはするね。
でも、なぜロハスか?と聞かれたら、
うまく答えられないわけですよ…@エコとしては☆
ロハスの情報を得たくて、ネットで検索してみると
「予防医学・代替医療を心がけ、薬に頼らない…」との記述を見かけるのですが、なぜそれがロハスなのか、よくわからないのですよ。
わかる人、教えてください!

---------------------以下、ウィキより抜粋
●アロマセラピーとは?
アロマテラピーという言葉は、20世紀に入ってからフランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセによる造語。アロマは芳香、テラピーは療法を意味するフランス語。(英語ではアロマセラピー)。

ルネ・モーリス・ガットフォセは主に代替医療方面の技術としてアロマテラピーを研究、発展させたが、弟子であるマルグリット・モーリーは、アロマテラピーをおもに美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。


●代替医療とは?
代替医療(だいたいいりょう)とは、医療機関において医師および歯科医師により施される医療―すなわち、科学的に効果の証明された西洋医学、または医師および歯科医師による漢方薬による科学的根拠に基づいた医療―ではない治療をまとめた総称(漢方を含める見解もある)。補完医療または相補医療とも呼ぶ。また、最近では医療に代替医療をとりこんだ統合医療なる言葉も現れている。
--------------------ここまで


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。