【エコバック】倉敷帆布トートバッグ


LOHAS|ロハス

LOHAS|ロハス

【帆布】とは・・・
撚り合わせた綿糸を用いて織った平織りの地厚い織物のことを帆布といいます。
その歴史は江戸の末期より帆船に使われ、江戸と大阪の航路の発展にも関わる発明品でした。明治に入ってからも軽くて丈夫な便利な布として酒屋の通い袋から学生カバンまで庶民にとってなじみのものでした。
岡山県倉敷市は,国産帆布の約7割を生産する日本一の産地です。それは、この地区がもともと綿花栽培が盛んだった上、糸を撚る技術があったことに由来します。

ん〜ロハスを感じた!
エコバックとして、古き良き伝統・文化LOHAS|ロハスを取り入れてみる?


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19343965

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。