地産地消(ちさんちしょう)本来の意味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にしました。

地産地消(ちさんちしょう)とは、地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、地域で生産された農産物や水産物をその地域で消費すること。

地産地消本来の意味

1981年 篠原孝が「地場生産地場消費」から造語
背景:当時の死亡原因第1位となった脳卒中を減らすためには、原因の1つとみられる高血圧の改善のため、不足しがちな栄養素を含む農産物の計画的生産と自給拡大の事業(当時は1ドル240円程度、安価な国内生産を選択)

・伝統的な食生活による栄養素・ミネラルバランスの偏りの是正。
・健康的な生活を送るため(医療費削減圧力)。
・余剰米を解消する減反政策の一環として、他品目農産物の生産を促すため(食料管理制度の維持)。
・気候変動に弱い稲作モノカルチャーから栽培農産物の種類の多様化によってリスクヘッジをするため(農家の収入安定)。

  多様な経済的インセンティブによって「地産地消」推進



時代が変われば、言葉の意味も変わっていくものなのですね…。


ランキングへのご協力もお願いします!


ロハスな毎日トップページへ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

rohasu【ロハス情報局】
Excerpt: ロハス情報局ではロハスな生活やロハスとスローフード等ロハスに関する情報をご紹介しています。
Weblog: rohasu【ロハス情報局】
Tracked: 2006-09-19 15:57


Excerpt: エンゲル係数エンゲル係数(エンゲルけいすう、Engel's coefficient)は、家計の消費支出に占める飲食費のパーセントのこと。一般にこの係数が高いほど生活水準は低いとされる。ドイツの社会統計..
Weblog: 経済学のことを知ろう
Tracked: 2007-12-18 04:58


Excerpt: エンゲル係数エンゲル係数(Engel's coefficient)は、家計の消費支出に占める飲食費のパーセントのこと。一般にこの係数が高いほど生活水準は低いとされる。ドイツの社会統計学者エンゲルが18..
Weblog: 経済学のことを知ろう
Tracked: 2008-02-22 12:07

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。