地産地消の長所と短所

地産地消の長所と短所

●長所
・旬の食べ物を新鮮なうちに食べられる。旬以外のときは「遠産遠消」を選択する。
・消費者と生産者の距離が近いゆえに鮮度が高い
・地域経済の活性化、地域への愛着につながる
・地域の伝統的食文化の維持と継承
・農水産物の輸送にかかるエネルギーを削減できる。


●短所
・行き過ぎた地産地消は排他主義や小地域ブロック経済に繋がるおそれがある。
・地産農産物はフードマイレージが少ないため、価格競争力があり、他地域の農産物を駆逐してしまって食における多様性が減る。
・それまでの農作物の輸出道県および輸出国の農業は不振になる。
・地域における地産農産物の寡占が進むと、競争が減り、価格が上がる


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ランキングへのご協力もお願いします!




ロハスな毎日@エコ トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21359289

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。