冷房だけじゃない、夏を涼しく過ごす方法「打ち水大作戦」

こんにちは〜@エコです♪
蝉がないてます、夏真っ盛りですね〜

ニューヨークでは、44度でしたっけ?
すごいことになってます…。

ヒートアイランド化が進む都市の温度を下げようという試みが
打ち水大作戦」、今年もやるのかな?

以下、環境Gooより引用----------------------------------------------

打ち水について

クーラーもなかった江戸時代、夏の暑さをしのぐために、庭や道路に水をまく「打ち水」が盛んに行われていた。まいた水が蒸発するときに、地表面の熱を奪うため周囲の気温が下がるのだ。また、道路などの埃を抑える効果もある。

この古くからの日本の暮らしの知恵を市民がみんなで復活させ、ヒートアイランド化が進む都市の温度を下げようという試みが「打ち水大作戦」。NPO第3回世界水フォーラム事務局が音頭をとり、国土交通省、環境省、東京都などが後援して、2003年8月25日に第1回の「大江戸打ち水大作戦」が東京都江東区、墨田区、中央区、新宿区内の4カ所で行われた。「江戸の知恵に学べ」を旗印に、NPOを中心に「みんなの手で東京の気温を2℃下げよう」と、ホームページ、ラジオ、テレビなどで広報活動を行い、100万人の参加者を目標に呼びかけたところ、事務局の推定で東京23区内で約34万人が参加した。

2004年の「打ち水大作戦」は8月18日〜25日の間、全国各地で行われ、事務局の発表によると、全国で約329万人〜873万人(都内23区で約32〜87万人)が参加した。打ち水による気温低下の効果としては、2004年度は、墨田区東向島では1.8℃、事務局が計測した各イベント会場の平均は0.9℃下がったという。2005年には、7月20日〜8月31日の間に全国各地で開催。事務局発表で、全国で推定770万人(都内23区で約71〜134万人)が参加した。また、インターネット調査の結果、打ち水大作戦の認知度は51.4%と半数を超えた。

では、打ち水をすることによって都市全体ではどんな効果があるのだろうか? ある試算によると、23 区内の約40 %の約265平方キロメートルで打ち水を行うとしてシミュレーションすると、打ち水後の気温低下量は2 〜2.5 ℃程度になるという(水工学論文集第48巻「打ち水の効果に関する社会実験と数値計算を用いた検証」2004 年2 月)。ただし、気象条件や土地利用状況などさまざまなため一概には言えない。

2003年から始まった「打ち水大作戦」は、真夏の気温を下げるという効果の他に、気軽に楽しく参加できることで、環境問題に対する意識啓発、ライフスタイル、伝統文化の見直しの機会となったり、コミュニティーがいっしょになって取り組むことで、地域から環境活動を広げていくきっかけづくりにもなっており。持続的なムーブメントとして定着することが期待される。


打ち水の方法
どんなふうに水をまくのがいいのだろうか。

まず、水を入れるバケツ、洗面器などの容器を準備。お風呂の残り湯、エアコンの室外機にたまった水、雨水などを利用する。水道水はまかない。ひしゃくでまくのがベターだが、手でばしゃばしゃまいてもよい。道路だけでなく、屋上や壁などにまいても効果がある。注意事項としては、通行人の迷惑にならないようにする。車の通行量の多い場所は安全のためにまかないようにする。とくに、マンホールの上、急なカーブの道路などは、自転車や車が滑りやすくなるので、打ち水をしないこと。

ここまで-------------------------------------------------------------

今年の夏は、打ち水しませんか?



人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!




ロハスな毎日@エコ トップページへ




この記事へのコメント
こんばんは、
とらやん と申します、訪問させて頂きました、
暑中お見舞い申し上げます、

打ち水は昔良くやりました、
今でも時折光景を目にします、
ご訪問頂けたら嬉しく思います!
また寄せさせて頂きます^^ 応援ポチッ
Posted by とらやん at 2006年08月13日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21948047

水銀毒性 水銀アレルギーの現状
Excerpt: 水銀の毒性と水銀アレルギーについての解説です。環境問題について解説します。
Weblog: RoHS 規制物質の対応実例ならここ!
Tracked: 2006-08-14 19:38

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。