水舟って知ってる?

こんにちは〜@エコです♪
@エコは読売新聞を購読しているのですが、読売新聞の広告のページで『水舟』という、水の使い分けシステムを知りました。
今日は水舟について。

水舟とは、岐阜県郡上八幡(ぐんじょうはちまん)で400年前に生まれた水の使い分けシステムのこと。

--------------------------------------------------------------------
郡上八幡で水を生かす知恵が発達した背景として、
郡上八幡が日本のほぼ真ん中に位置する山に囲まれた雨の多い地域であり、
山に降った雨は、石灰岩を含んだ土にしみこんでたくわえられ、ミネラル分の豊富な冷たい水が、犬啼谷(いんなきだに)をはじめ、町のあちこちにわき出している水の町であること。
また、江戸時代に郡上八幡の藩主だった遠藤常友が、この町が大火事になったのをきっかけに、用水を開き、水路を町中にはりめぐらせたので、その用水を使って、生活と水が密接に結びついた暮らしが出来上がったためであろう。

水舟の仕組みは、山の湧き水を水舟までひく。
水舟
は、上段・中段・下段と分かれており、
上段は飲み水に、中段では野菜や果物を洗ったり、冷やしたり、下段(最後)は食器洗いに。下段から出た水は、一度池に入れ、鯉などが食べ物の残りを食べる。水をきれいにして用水路にもどす。水をむだにせず、使い分ける知恵が生きた仕組みとなっている。

30年ぐらい前までは、水舟のある家も多かったけれど、建て替えられたりしてなくなって、観光用の水舟のほかは、今でも使っている家は数十軒ぐらいとか。
しかし、大事に水を使うという考えは、この町に暮らす人々の心に自然と根づいてるようす。
町のあちこちには、水を守ろうと呼びかける標語がある。

ここまで、以下を参考にしました。
・大和ハウスグループの読売新聞広告
・エコロジーのGOGO新聞

-------------------------------------------------------------------

水舟』のある暮らしというのは、まさにロハスのお手本といえるのではないかな!?
身近な話しでは、お風呂の残り湯を洗濯や掃除に使ったり…。
水の使い分け・使いまわしっていうのは、けっこう節水になるらしい。


<<< 東京都水道局のHPより、気になるデータを抜粋しました >>>
1リットルあたりの単価を0.24円とした場合の3人家族で1か月あたりの節約金額です(下水道料金及び消費税を含む)。
※1か月を30日として計算しています。


●歯をみがく時に30秒間流しっぱなしにすると約6リットルの水を使います。
 これをコップにくんでみがくと3杯(約0.6リットル)程度の水ですみ、約5リットルの節水になります。

★節約金額・・・朝と晩に歯をみがいた場合で約220円/月


●車を1台洗うのに、ホースからの流し洗いでは約240リットルの水を使います。
 これをバケツにくんで洗えば約30リットルですみ、約210リットルの節水になります。

★節約金額・・・月に2回洗車した場合で約100円/月


●残り湯は、使用状態によって異なりますが、一般家庭では、約180リットルの量があります。
 この半分を洗濯、掃除、散水などに利用すれば約90リットルの節水になります。

★節約金額・・・毎日行った場合で約650円/月


節水は節約にもなる。環境にもお財布にもやさしいね!




人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆






環境問題について、My箸運動って知ってる?

こんにちは〜♪@エコです☆

環境問題にも関係あるし、最近よく耳にする食育とも関わりのあること。
My箸運動について。
普段外食する時に、何気なく使っている割り箸。
なんでもないことと見過ごされてしまうような割り箸だけれど、
実はいろいろなことにつながっていくのだな〜。

以下、環境gooより引用
この割り箸を作るために、どれだけの木材が消費されているのだろう、と考えたことがありますか?
かつて、割り箸を使わずに済ませれば森林の保護につながるのでは、という考えから、割り箸を使うのをやめよう、という声が起こったことがあります。その際、割り箸に使うのは間伐材だから、割り箸を作らなくても森林の保護にはつながらないのだ、という反対世論もあり、大きなムーヴメントには至りませんでした。
では、割り箸をもったいない、と感じた人たちは、単に考えの浅い人たちだったのでしょうか。私たちは決してそうは思いません。使い捨ての割り箸をもったいないと感じるのは、森林保護を考える人にとって、またものを大切にする人にとって、ごく当たり前な感覚です。間伐材が割り箸に使われなくなれば、その他の用途に回せるかもしれません。割り箸づくりという伝統産業の保護も大切かも知れませんが、他の利用法への転換の手立ては充分に模索されたのでしょうか。まだまだ議論の余地がありそうです。
また、ものを大切にする心を育む、それだけのために、割り箸を使わないという立場も成立するでしょう。
NPOローハスクラブでは、割り箸廃止論には上記のような賛否両論があることを承知の上で、敢えて“My箸”キャンペーンを提唱しています。割り箸を使わないようにするため、自分の箸を常に持ち歩こう、というものです。それが直ちに森林の減少に歯止めをかけるかどうかは別として、使い捨て文明と便利さ追求一辺倒の風潮に一石を投じ、ものを大切にする意識を高めるきっかけになれば、それだけでも大きな意義があると考えるからです。
(ここまで引用しました)


My箸運動、どのように感じましたか?
ものを大切にする。その気持ちから、いろいろ変わっていくのかなって、
@エコはそう感じました。
「もったいないおばけがでるよ〜」
子供の頃、親に言われませんでしたか?
@エコは言われました。
「もったいない」この考え方って、生活習慣とも関係あると思う。
生活で使うもの・ことから、環境問題を考える、感じる、きっかけとなるものってたくさんあるんですね。


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!




森づくり「森林環境税」とは?

森づくり、森林保全を目的に「森林環境税」などの新税を導入する県が、全国に広がっているらしい。
(7月21日読売新聞より)

友達の実家は山を持っているのだが、山の管理にはお金がかかるとこぼしていた。
また別のある人は、親からの遺産で土地(山)をもらったが、税金などの問題なのだろうか?私にはよくわからないが、国(市)にその山はあげてしまったと言っていた。
とにかく山はお金がかかるらしい。

森づくりのための新税導入が加速する背景には、林業の衰退に伴って、荒廃林が飢える一方、一般財源では森林保全経費をまかないきれない自治体の厳しい財政事情がある。

林野庁によると、国土の7割にあたる2512万ヘクタールが森林で、うち4割強をスギやヒノキの人工林が占める。人工林は間伐などの手入れが必要だが、林業は担い手の高齢化と後継者不足が深刻。間伐が行き届かない荒廃林は、下草が生えないため、表土の保水力が低下し、集中豪雨による土砂災害の危険をはらむ。

同庁の試算では、全国の森林保全には年間4700億円が必要とされるが、計上額は国と自治体などを合わせても2500億円程度。高知県では、荒廃林10万ヘクタールの整備に約200億円が必要との試算があるが、税収は100分の1以下で、「できることは限られるのが実情だ」。

以下、読売新聞社が行った全国調査
(森林環境税などの新税を導入について47都道府県の状況)

◆導入済み---16県
・05年度までに導入
(8県:鳥取・島根・岡山・山口・愛媛・高知・熊本・鹿児島)
・06年度までに導入
(8県:岩手・福島・静岡・滋賀・兵庫・奈良・大分・宮崎)

◆導入決定---3件
・07年度導入決定
(3県:神奈川・富山・和歌山)

◆導入に向け検討中---21県



森林環境税(新税)の特徴は、「広く、薄く」。
条例に基づき、自治体が県民税に上乗せして徴収する。
導入済み16県では、個人納税者への年間課税額は一律300円〜1000円。
法人には、資本金におうじてた県民税均等割り額の3〜11%を定率で課税するケースが大半。
約11%の滋賀県では、最高で年間8万8千円となる。
16県のうち、山口・鹿児島県以外では、新税導入に伴って基金を創設。
税収を全額繰り入れて、一般財源と区別し、事実上は「目的税」と同じ運用をしている。

税収による事業
・間伐が中心。
・担い手育成やボランティア支援など。



「できることは限られるのが実情だ」私はこの言葉が自分の中に残った。
できることは限られている、、、私にできることは何か?
森は重要だ。
なんとなくわかっているけど、森がどのように自分達の生活と関わっているのか、あまり考えたことはない。
今の私にできること、森の重要性を知ること。森が自分の生活にどのように関わっているのか知ること。まずは、知ること。
森の重要性を知る、その中で自分でも役に立てることが見つかるかもしれないと思った。


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!


環境を考える…水源林「緑のダム」

水源林とは?
人間の暮らしに必要な水を安定的に貯留、供給する森林のこと。森林は水源涵養を始め、土砂流出の防止、水質保全など治水、利水、環境面での効果も高い。緑のダムと呼ばれることもある。しかし、林業の担い手の高齢化と人手不足から荒廃が進む水源林もあり、適切な造林、育林、管理が求められている。
-------------ここまで、環境gooより引用

環境技術で行こう!

エコ製品を選ぶことが環境を守る力となる。

ロハス層の消費行動のひとつ、エコ製品を選ぶこと!
地球環境を守るということは、とてもスケールの大きなテーマですが、政府、企業、団体、家庭がそれぞれの役割を果たせば、地球環境を守る大きな第一歩となる。

●環境を考える企業
-----6月5日は世界環境デーです-----
環境と向き合う企業のメッセージや、各社の環境技術を知ることもロハスの実践に役立ちそう!

【味の素グループ】 
  届くまでも、その後も。あしたのことを考えて
【INAX】 
  日本のトイレが変わる、超節水トイレ誕生
【積水ハウス株式会社】 
  自然と共生する庭造り「5本の樹計画」
【EPSON】 
  大画面の迫力をエコで楽しもう
【川口技研】 
  アミドで元気!アミドで省エネ!
【クラブツーリズム】 
  旅先に、ほんの少し恩返し。
【財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター】 
  お家でできる環境対策、ヒートポンプ
【サンワホーム】 
  日本のエコ住宅「無暖房住宅」誕生。
【YAZAKI】 
  合言葉は、「もったいない」
【JT】 
  ひろえば街が好きになる運動
【ヤンセンファーマ】
  環境と資源の保護を信条としています。
【セキスイハイム】
  光熱費ゼロ、その進化は止まらない。
【unicharm】
  やさしさで世界は変えられる
【DELL】
  スタイリッシュなエンタメPC
【日本通運】
  日通の引越しはえころじこんぽ
【FUJITSU】
  世界初、パソコンに植物系素材を採用
【株式会社ワコール】
  長くご愛用いただくことも環境に優しい
【VOLVO】
  ボルボの一貫した環境哲学で作られたクルマ
【WATAMI】
  美しい地球を美しいままに
【SMFG】
  環境情報の発信を続けています。


世界環境デー、あなたならどうする?


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。