ロハスとは?多様性の共存

LOHAS|ロハス

”やおよろず(八百万)”の文化 〜多様性の共存〜

もともと日本にはやおよろず(八百万)の神々という考え方があった。
さまざまな存在を対等に認め多様性を重視する価値観は、大事にされ培われ、この国を心豊かな潤いのある国にしてきた。

多様性の共存、この日本独特の文化スタイルは、エコロジカルでサスティナブル(持続可能)な発想として今後とても重要な意味をもってくるだろう。清濁あわせ呑んでバランスをとる──いわば誤りを許容し、多様性を保持するやり方こそが「自然の叡智」といえる。

大きな矛盾さえも飲み込んで「寛容」とやわらかい「強さ」を備えた未来へ。

LOHAS(ロハス)の意味を一言で表すのは難しい。
持続可能な社会生活を考えるとき、多様性の共存が基本ベースとなるのではないかと、、、なんとなく感じとってもらえればいいな、と願う!

※画像はゆんフリー写真素材集様よりお借りしました☆


人にやさしい、地球にやさしいがいいね♪
ロハスな毎日♪@エコでした〜☆

ランキングへのご協力もお願いします!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。